ライラック乳酸菌 効果

乳酸菌とは、糖質―ブドウ糖・オリゴ糖・乳糖などを栄養にすることで発酵し、乳酸を作ってくれる菌のことを全て乳酸菌と呼んでいます。

 

味噌、納豆、醤油などの伝統的な日本の食材やヨーグルト、チーズ、バターなど、乳酸菌はいろいろな食品で役立っています。

 

乳酸菌を利用して作られているいろいろな食品ですっぱいと感じるのは、この乳酸によるものです。

 

乳酸菌の出す乳酸は、動物の腸内で有害な菌や雑菌の繁殖を抑える働きをしています。

 

また、乳酸菌は主に腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

腸内環境を整えるには、体にとって良い働きをしてくれる善玉菌が喜ぶ食生活です。

 

腸内環境が整っていないと便秘や下痢やおなら・肌荒れやニキビなど健康にい影響があると言われていますので、乳酸菌を食事に取り入れていきたいものですね。

 

善玉菌となって働く菌が入ったヨーグルト、味噌、納豆などの発酵食品や、善玉菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維が含まれている野菜・果物・海藻類。
これらの食品を、毎日しっかり食べていれば、腸内環境は良好に保たれるでしょう。

 

乳酸菌と便秘や下痢やおなら・肌荒れやニキビなどについて案内していきます。

乳酸菌の効果で便秘も下痢も、腸内環境を良好に

腸内環境のバランスが悪くなっておこる便秘や下痢。

 

腸内環境の低下は、食べ物を消化・吸収する力や水分を調節する力、便を体外に押しだす力です。

 

便秘や下痢、そしておならが臭いという状態は、食べ物を消化・吸収する力が弱まったり便を排出する力が低下した腸内環境が乱れた状態です。